TOP »  まどあブログ » 

貯まりに貯まって、金魚鉢

ペアガラスの内部結露、ここまで行くと金魚が・・・

雨が貯まった訳ではありません

20151017_092628

内部結露のお問い合わせが

最近、増えているような気がします。

ペアガラスは2枚のガラスの間に空間を設けて、接着したもの。

ゴム系の接着剤とシリコン系の接着剤で2重に密封していまが、

経年劣化で接着のどこかにピンホールが開くと、

ペアガラスの内側に湿気が入り、曇り出します。

湿気はガラスの外に出ることなく、いつの間にか

写真のような、金魚鉢に・・・

各ガラスメーカーでは、10年間の内部結露保障をしていますが、

それって裏を返せば、10年を超えては保障ができないということ?

と思ってしまうのは、私だけではないはずです。

ガラスの両面を拭いて、くもりが取れなければ、

それは、「内部結露」です。

早めに対処しましょうね!

大田区内と、西大井、大井地区は

無料でお見積りにお伺いしております。

お気軽に、まどあファクトリーにお問合せ下さい

Share Button
↓お問い合わせはこちらをクリック(メールフォーム)
住まいの何でも相談所 まどあファクトリー 加藤硝子店

またはお電話で
TEL:03-3771-1946
「ブログを見て問い合わせ」とお伝えください

●営業時間:月~土 9:00~18:00 日曜祭日定休
●標準対応エリア:
東京都(23区)、神奈川県川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区)、
神奈川県横浜市(都筑区、港北区、鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、磯子区)
投稿者:  秀