TOP »  まどあブログ » 

窓という名の除湿器!

東京、今日の予想最高気温は4℃!

本当に寒い。

寒さもさることながら、乾燥が気になる季節です。

お肌の潤いの為にとか、インフルエンザウィルス撃退の為とか

理由は様々ですが、加湿器をお使いの方も多いと思います。

でも、加湿器を使うと

窓の結露が酷くなるし、・・・

 

ちょっと考えてみてください。

加湿をすると、

結露が酷くなる。

 

つまり、加湿をしても

その分、結露で流れてる。

結局、お部屋の空気は乾燥したまま!

 

えっ?と思うかもしれませんが、

結露を気にしていたら、お部屋の湿度は上げられないのです。

 

そのメカニズムは、

 

空気中に溶け込める水の量は、

その空気の温度で決まります。

例えば、20℃の空気なら17.3g/㎥、5℃なら6.8g/㎥です。

(温度が低いほど少なくなります)

気温が5℃で湿度が100%というのは、

1㎥の空気に6.8gの水分が含まれている状態です。

このまま気温が20℃まで上がると・・・

 

 

湿度は39%まで下がるのです。

 

これを、お部屋に置きかえてみると

暖房の効いたお部屋で、気温は20℃、

ちょっと乾燥気味なので、加湿器ON、

もし、窓ガラスの温度が5℃まで下がっているとしたら、

いくら加湿器を運転しても、

お部屋の湿度は39%までしか上がらないのです。

 

お部屋の空気は乾燥しているのに、

窓辺はびっしょりという

最悪な事態に

 

お部屋の空気を快適な湿度にするためには、

極端に温度が下がる部分を作ってはいけないのです

窓や収納の隅など、湿っていたら要改善です!

 

大田区内と、西大井、大井地区は

無料でお見積りにお伺いしております。

お気軽に、まどあファクトリーにお問合せ下さい

Share Button
↓お問い合わせはこちらをクリック(メールフォーム)
住まいの何でも相談所 まどあファクトリー 加藤硝子店

またはお電話で
TEL:03-3771-1946
「ブログを見て問い合わせ」とお伝えください

●営業時間:月~土 9:00~18:00 日曜祭日定休
●標準対応エリア:
 大田区、品川区、港区、目黒区
 川崎市 川崎区、幸区、中原区、高津区
投稿者:  秀