TOP »  窓のリフォーム » 

光について

window_ph_02

外の光が入ることは良いことです。 なによりも清々しい。

でも、太陽の光には色んなものが含まれています。
紫外線、可視光線に赤外線長年にわたり窓に使われてきた、普通のガラスは紫外線(UV-A)から可視光線、近赤外線を通してしまいます。
可視光線だけを通せればいいのですが、そうもいきません。
UV-Aはフローリングやカーテン、家具などを色あせさせますし、 近赤外線は、室内の温度を上昇させます。
室内に侵入した近赤外線は、室内の物に吸収され、熱となり、遠赤外線を放出します。 するとどうなるか?
ガラスは遠赤外線は通さないので、 室内に熱がコモっていきます。
これが温室効果!冬場はポカポカ暖かいのですが、夏は地獄!特に西日がきついお部屋は、 夜になっても、暑くて眠れない。
いくら、エアコンで冷やそうにも、どうにもなりません。

Share Button
↓お問い合わせはこちらをクリック(メールフォーム)
住まいの何でも相談所 まどあファクトリー 加藤硝子店

またはお電話で
TEL:03-3771-1946
「ブログを見て問い合わせ」とお伝えください

●営業時間:月~土 9:00~18:00 日曜祭日定休
●標準対応エリア:
 大田区、品川区、港区、目黒区
 川崎市 川崎区、幸区、中原区、高津区
投稿者:  madoa