TOP »  窓のリフォーム » 

熱について

マドはサッシ+ガラスで構成されています。
サッシの素材、主流はアルミ。
実に熱の伝わりやすい素材。
そして、ガラス。
ガラスはコンクリートより断熱性が高い素材なのですが、
使用する厚みが極端に薄いので熱を伝えてしまうのです。

長年にわたり使われてきた、普通のマドは
きちんと断熱材の入った壁に比べると1/10以下の断熱性しかありません。
つまり、マドは外の気温に影響を受けやすいのです。
人間の体感温度は体の周りの空気の温度と物の温度の平均になります。
冬場に、窓ガラスが外気の影響で冷やされると、その分、体感温度が下がっていくのです。
いくら暖房をつけて、室温を上げても、周りの壁(窓含む)の温度が上がらないと体感温度はあがりません。
実際の気温と体感温度が離れるほど、人間は不快に感じます。

窓にひどい結露が出るようなら、間違いなく断熱性が足りません。
冷たい窓でお部屋の空気が冷やされているのです。
結露は放っておくと大変なことになります。カビ、ダニ、腐朽菌などが考えられます。

Share Button
↓お問い合わせはこちらをクリック(メールフォーム)
住まいの何でも相談所 まどあファクトリー 加藤硝子店

またはお電話で
TEL:03-3771-1946
「ブログを見て問い合わせ」とお伝えください

●営業時間:月~土 9:00~18:00 日曜祭日定休
●標準対応エリア:
東京都(23区)、神奈川県川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区)、
神奈川県横浜市(都筑区、港北区、鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、磯子区)
投稿者:  madoa