TOP »  窓のリフォーム » 

窓としての基本性能、水密、機密について

開閉できる窓の場合、建物に固定されている枠があり、その内側に動く部分があります。
スライドして開閉するタイプも、ドアのようにスイングして開閉するタイプも同じです。
枠と中の動く部分は何らかの形で接続されているのですが、この部分の作りで基本性能が決まります。

風が吹いた時、気密性が低いと風が入ってきます。
雨が降った時、水密性が低いと水が入ってきます。

つまり、窓を閉める意味がないのです。
台風の時に戸がガタガタして、しかも隙間から雨が入ってくるなんて問題外です。

特に築年数の経ったマンションは、基本性能の低い窓が付いていることが多いので気をつけましょう。
窓やドアを中心としたリフォームで非常に多くの問題が解決できます!

Share Button
↓お問い合わせはこちらをクリック(メールフォーム)
住まいの何でも相談所 まどあファクトリー 加藤硝子店

またはお電話で
TEL:03-3771-1946
「ブログを見て問い合わせ」とお伝えください

●営業時間:月~土 9:00~18:00 日曜祭日定休
●標準対応エリア:
東京都(23区)、神奈川県川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区)、
神奈川県横浜市(都筑区、港北区、鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、磯子区)
投稿者:  madoa